2010年に変形股関節症と診断され、2012年12月に人工股関節「アクアラライナー」にて置換手術をしました。 同じ悩みを持つ方々の参考になれば幸いです。
先日「身体障害者手帳が出来ました」との連絡を受け、本日受け取りに行って来ました。
ケースワーカーさんのご予定で今日となったのですが、「1時間くらいお話があります」と言われてたので「何言われるんだろ?」とドキドキしていました。
しかしお話の内容は今後受けられる割引や税金控除等が殆どで、身構えるような事は全くありませんでした。

私の認定等級は巷で言われている通り、両方股関節全廃なので3級で第2種となります。
市の施設はほぼ無料、バスは半額でタクシーは1割引になるそうです。
他の都道府県の交通については、その場所によって違うそうです。
全国バス半額かと思ってましたので甘かったですね^^;。

普段車で移動する事が殆どなので、どちらもあまり利用する機会はありませんが。
私が一番利用するのは有料道路料金割引になりそうです。
そちらは説明後に割引手続き書類を頂いて記入しました。
ETC利用なので、書類を専用の登録係へ送付します。

最後に少し現状の聞き取りをされて全て終了。
その足で軽自動車税免除の手続きをして役所を後にしました。
そのまま携帯ショップへ出掛けて身体障害者手帳による割引手続きを行いました。
これで今日出来る事は全て終了。

後は後日貯蓄のマル優適用方面を検討しようと思います。
こちらは他金融機関等に分けて貯蓄する場合は合算で元本350万円までだそうです。
ただしネットでは「それぞれで350万円」と書かれている方もいらっしゃいましたので、都道府県によって違うのかもしれません。
どちらにしろ、私はそんなに持ち合わせていませんので心配ご無用ですけどσ(^_^;)。

手術前より今の方がスタスタ歩いているのに身体障害者手帳持ちだなんて、いいのかなぁって感じです。
いろいろ優遇されちゃいますし。
でも一応脱臼や感染症、再置換等の可能性はゼロではありませんし、優遇して頂けるものは有り難くお受けしようと思います。

それにもし将来的に免許証を返納しなければならなくなっても、身体障害者手帳が身分証明書になりますよね。
写真付きの一生もの身分証明書を手に入れられたとは、心強いです。
これからずっと大切にしていきます!
スポンサーサイト

【2013/03/01 23:03】 | 雑記
トラックバック(0) |

こんにちは!
ちゃっくん
 非課税の対象となる貯蓄は、預貯金、合同運用信託、特定公募公社債等運用投資信託及び一定の有価証券です。非課税となるのは、上記4種類の貯蓄の元本の合計額が350万円までの利子です。

手帳が出来ましたか。紛失や破損が無い限りずーと今の写真ですよ(^^)

どうもです〜
KAO
貯蓄情報有り難うございます。
ど〜んと預けられる金がないので、定期でちまちま貯めていこうかなぁと考えています。
350万円を越える心配は全くしなくて良さそうです(^^ゞ

旦那から「ずっと今の写真じゃ、高齢者になってから身分証明にならないんじゃないの?!」と言われたので、「老朽化したら再発行してもらうんだよっ( `д´) 」と言っておきました。

でも私は車の運転が好きなので、その時が来ても免許証返納に踏み切れる自信がありません。
運転判断が遅くなったら心を鬼にして返納しないといけませんね。
まだ今は考えなくてもいいか…(~_~;)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
 非課税の対象となる貯蓄は、預貯金、合同運用信託、特定公募公社債等運用投資信託及び一定の有価証券です。非課税となるのは、上記4種類の貯蓄の元本の合計額が350万円までの利子です。

手帳が出来ましたか。紛失や破損が無い限りずーと今の写真ですよ(^^)
2013/03/03(Sun) 14:31 | URL  | ちゃっくん #-[ 編集]
どうもです〜
貯蓄情報有り難うございます。
ど〜んと預けられる金がないので、定期でちまちま貯めていこうかなぁと考えています。
350万円を越える心配は全くしなくて良さそうです(^^ゞ

旦那から「ずっと今の写真じゃ、高齢者になってから身分証明にならないんじゃないの?!」と言われたので、「老朽化したら再発行してもらうんだよっ( `д´) 」と言っておきました。

でも私は車の運転が好きなので、その時が来ても免許証返納に踏み切れる自信がありません。
運転判断が遅くなったら心を鬼にして返納しないといけませんね。
まだ今は考えなくてもいいか…(~_~;)
2013/03/03(Sun) 16:29 | URL  | KAO #xOcyOkmE[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック