FC2ブログ

術後5年4ヶ月

2018.04.03(21:45)

先月、母が亡くなりました。

明け方、兄から電話で「母さんが死んだ」と告げられ
何が起きているのかわからないまま
同じ市内にある実家へと急ぎました。

到着してすぐ母の元へ行くと
まるで普通に眠っているかのようで
頬に触れたらまだ温かかったのです。

兄が朝起こしに行ったら亡くなってたらしいですが
もしかしてまだ生きてるんじゃないの?
なんて思ったりもしました。

けれど、しばらくしてからもう一度頬に触れたら、
もう冷たくなっていましたが、
それでもまだ諦められずにいました。

その後かかりつけの医師から死亡診断が出て
やはり亡くなってしまったんだなぁと思いつつ
頭の半分が追いついてない状態でした。

最後に会ったのは1月に病院へ連れて行った時で
4月の通院日が決まった直後だったので
もう一度会いたかったなぁと思うと残念です。

まだ私の脚が悪かった時、母の車椅子を
脚を引きずりながら押しているのを
「悪いねえ」とかなり気にしていました。

術後、脚が元気になってからも
「痛かったのに悪かったねえ」と
ずっと私の脚を気遣ってくれました。

1月通院時、ふと触れた手がとても冷たかったので
両手で包み込むように握ってあげたら
「お前の手は温かいねぇ」と嬉しそうにしていました。

納棺の時にもう一度手を握ってあげればよかった。
でも頬に触れてあげることは出来ました。
冷たかったけど、もち肌でした。

父を早くに亡くしたので、ずっと一人で
私と兄を育ててくれた母。
今頃久し振りに父と再会しているかな。

元気な頃はあちこち連れて行ってあげましたが
ここ数年は足腰が弱くなり、殆ど寝ていたので
今ようやく好きなところへ行けてると思います。

いつも私を気遣ってくれた母ですから、
今も見守ってくれていると思います。
母が心配しないよう、頑張っていきます!
スポンサーサイト

2018年04月

  1. 術後5年4ヶ月 (04/03)